セサミンの希少な健康成分

セサミンはゴマに含まれる成分で、「ゴマリグナン」と呼ばれる抗酸化物質。
しかしあの小さなゴマ粒ひとつのなかに、約1%の量しか含まれない稀少な物質でもあります。

植物や動物、また物質も、酸素に触れると酸化します。鉄が錆びたり、バターが変色して茶色っぽくなるのも、酸化が原因です。
酸素のなかでも酸化力の強い酸素はフリーラジカルとも呼ばれています。
フリーラジカルは、安定していた酸素の電子構造が崩れてしまい、周辺の電子の構造にも影響を与えて「崩れ」をひきおこしてゆくため、酸化がどんどん広がるという現象をもたらします。
この現象が体内などで起こると、細胞の酸化をひきおこすことが知られています。

ここで、酸化に対抗する何らかのシステムが必要となりますが、それが「抗酸化」です。
活性酸素を除去する物質、セサミンが注目されるのは、抗酸化物質の効果がよく確かめられているからです。
健康維持が期待できるセサミンは、生活習慣からくる病気に対抗できるパワーを秘めていると考えられます。

喫煙は、肺がんの発生を促進すると考えられてもいますが、活発な活性酸素=フリーラジカルを多く発生するともいわれています。
アルコールの摂取も、活性酵素を発生させる主な原因と考えられます。
またストレスは、最大の活性酸素の発生原因と考えられており、
とくに現代人は、ストレス過剰による極端な活性酸素の発生をくりかえしていることによって、ガン、心筋梗塞、脳梗塞などをひきおこしやすくなっているのではないかと、とも考えられているようです。

毎日のなにげない生活のなかで増えつづけてしまう活性酸素をうまく除去してくる成分が、セサミンです。
セサミンは、アルコールなどで「悪酔い」の原因となるアセトアルデヒドの分解を促進し、二日酔いのつらい症状を和らげる効果もあるのだとか。
ついつい飲みすぎてしまうなら、飲み会前にセサミンを飲むのは効果的です。
セサミンの二日酔い予防効果についてはこちらにもかいてありますのでご覧ください。

なお、セサミンの効果を十分に得るためには、ビタミンEとの併用がおすすめです。
こちらの高麗人参の効能と適切な摂取量というサイトもおすすめのサイトです。ぜひ、ご覧ください。